3D Touchとは

iPhoneユーザーの中でも3D Touchの存在に気付いている人は多くありません。登場自体はiPhone6sから搭載されていますが、現在に至るまで存在感を発揮したことが無いというのが正直なところでしょう。しかし、この機能を便利に使いこなすことによって、iPhoneの性能を最大限に活かすことができ、より快適な毎日を手に入れることが出来るようになります。

3D Touchの利用方法としては、文字入力の際にカーソルを自由に移動させることが出来るというものがあります。文字入力をしていてタイプミスに気が付いてしまった時、その部分にカーソルを合わせる必要がありますが、この機能を利用することで正確かつ迅速に対応することが出来るのです。やり方はいたってシンプルです。キーボードを強く押し込むとキーボードの文字が消えるので、そのまま指をスライドさせましょう。そうすればカーソルが移動するため好きなところに動かせるのです。

また、アプリのアイコンを押し込んでショートカットメニューを開くというものがあります。これを使えば、メッセージの通知を一時的に切ったり音楽アプリで再生がすぐにできたり、地図アプリの検索をすぐに行ってくれたりとかなり便利なものになっています。アプリによっては驚くほど使いやすくなるものもあるため、毎日使用しているアプリを長押ししてみるのも良いかもしれません。